◯接遇とは

 

デイサロン椿が大切にしていることの一つに、

『接遇』がございます。

 

 

そもそも『接遇』って 何でしょうか?

デイサービスに接遇って 必要?

 

 

以下、《接遇研修ガイド》というサイト様に

わかりやすく接遇に関しての記述がございましたので

ちらとお借りして…

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

接客や接遇はともに“おもてなし”や“応対”を意味しますが、どちらも同じものではありません。

接客は文字通りお客様に接して、必要なサービスを提供することですが、

そのサービスに加えて「お客様は特別です」と態度で表すことが「接遇」になります。

お客様がオーダーしたドリンクを、テーブルまで迅速に運ぶだけだと、単なる「接客」。

しかし、迅速に運ぶ動作に加えて、お客様と目を合わせ、

すてきな笑顔で「ごゆっくりお楽しみください」と一声かけるだけで、丁寧にもてなされていると感じるでしょう。

このプラスアルファのおもてなしが「接遇」です。

昔と比べて経済的に豊かになり、全体的に生活水準が上がった現代では、

物品やサービスが不足するということはありません。

このような理由により、多くの企業が接遇に注目し、社員に接遇研修を受けるよう積極的に促しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「特別感」 好っきやわ〜

 

 

 

人は誰しも承認欲求なるものがあり、

お金を出してサービスを受けるとなると ことさら

「良いサービスを受けたいわ」

「良い待遇を受けたいぞ」

と思う

 

 

要は「自分が大切に扱われているか」ってことでしょうか。

 

これ、日常的に「あの人 良い人だなあ」と感じる瞬間にも通じていますね。

大切に扱われていると感じられる っていうのは、

居心地の良さにも繋がってきます。

 

 

ちなみに

デイサービスに自分が家族を通わせるなら、

一番のポイントは

◯『清潔』であるか

◯『家族を大切に扱ってくれるかどうか』

 

 

腕の良い職人さんのお道具は

手入れがきちんとされていて綺麗です。

そこには〝愛〟があります。

 

 

施設にとってはたくさんいる利用者の中のうちの一人でも、

一人ひとりが誰かの大切な家族。

お金を払って介護サービスを受けている『お客様』。

 

もちろんお客様にもマナーを守って利用して頂く。

利用者として自分の家族が我儘を言ったら

「◯◯さん、それはこういう理由で出来ません。ごめんなさいね。」と

きちんと言ってくれたら良い。

 

皆が『優しさを持ち寄って集う場所』と言う認識があると

皆に居心地の良い場になるのかな

 

デイサービスはそもそも大きな捉えで言うと、

『在宅介護』が 上手く 長く 出来るように設けられた場。

一人で生きていけるなら、デイサービスは利用しません。

人の手を必要とするから、ここにいる。

 

 

『優しさを持ち寄って集う場所』に。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です