コロナ詐欺にご注意を


昨年から「新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要」と語り、

金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が


全国の消費生活センターへ寄せられているそうです。



「新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください!」

行政機関等をかたった”なりすまし”にご注意(PDF:443KB)(別ウィンドウが開きます)


市区町村等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。



個人情報を盗もうとするもの以外にも


  • 新型コロナの濃厚接触者になった知人が、待機期間経過後に出勤したら、「待機期間が1日短く罰金だ」と保健所を名乗る電話があったが本当か
  • 保健センターを名乗る電話があり、PCR検査をする費用を求められたり、給付金のためと銀行口座番号を聞かれた
  • 新型コロナウイルス支援金が受け取れると電話があり、電話をつなげたままサイトに誘導され、個人情報の入力を促された
  • 政府より、コロナ被害者救済基金から7億円をスピード給付するので、SNSの友達追加をするようにとメールが来たが不審だ



    等々、 様々な手口があるようです。



「なんでこんな時にそんな事を・・・ 」


 と ため息をつきたくなるような内容ばかりですが、

こんな時だから「こそ」 こういった犯罪がおこるものなんです

悲しいかな



とにかく

困ったときは一人で悩まず、身近な信頼のおける人 若しくは消費生活センターにご相談ください。



また、新型コロナワクチンに関する情報は、下記サイトにて掲載されていますので併せてご確認ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

花のアルバム